• ホーム
  • ヒーリングファーマ社が作ったイトリゾールのジェネリック、イタスポール

ヒーリングファーマ社が作ったイトリゾールのジェネリック、イタスポール

2019年12月24日
脚にクリームを塗る女性

イトリゾールは水虫に高い効果を発揮する治療薬ですが、使用し続けるには費用がそれなりにかかってしまうという問題があります。そこでおすすめなのがイトリゾールのジェネリック医薬品であり、ヒーリングファーマ社が作ったイタスポールです。ジェネリック医薬品とは、先発の医薬品の特許が切れた後に作られる後発の医薬品のことをいいます。後発の医薬品は開発費を大幅に抑えることができるため、価格も安いのが特徴となっています。イタスポールにはイトリゾールと同様にイトラコナゾールが配合されており、成分が白癬菌に作用します。

イトラコナゾールはエルゴステロールという物質の合成を抑制する効果を持ちます。エルゴステロールは真菌が細胞膜を作るときに必要なものであり、イトラコナゾールがエルゴステロールの合成を抑制することで真菌の増殖を止めるメカニズムがあります。

イタスポールは効果の大きい薬なので毎日欠かさずに服用するのではなく、パルス療法を行うのが一般的となっています。最初の1週間はイタスポールを多めに服用しますが、その後の数週間は飲まない時期を作ります。すると、飲んでいない間にも薬の効果が持続するようになります。その結果、服用する薬の総量を減らすことができ、身体の負担と金銭の負担の両方を軽減されます。

イタスポールにはイトリゾールと同様の副作用があります。具体的にいうと胃の不快感や吐き気、下痢、肝機能の低下などが挙げられます。特に肝機能の低下については顕著な症状が見受けられるケースも少なくありません。アルコールなど肝臓の働きを必要とするものの摂取量には気を付けておきましょう。稀にアナフィラキシーショックや肺水腫などの重い副作用が出ることもあります。その場合にはすぐに病院を受診することが大切です。

イタスポールは国内の薬局では購入できないので、海外から個人輸入する必要があります。自己判断で飲むことにはリスクがあることを忘れてはいけません。基本的には医師や薬剤師に飲んでも問題ないか確認して、飲み始めることが大切です。イタスポールは継続的に服用することで効果を発揮します。購入する際には一定の量を確保しておく必要があります。それゆえに費用の安いところで購入することも重要といえるでしょう。ただし、その場合は類似品に注意が必要です。服用を続けているにも関わらず全く効果が出ないという場合には、白癬菌以外が原因となっている可能性もあります。